高校2年生 報恩講

11月28日(月)、報恩講が執り行われました。

報恩講とは、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人のご命日(御正忌)が弘長2年11月28日(新暦1月16日)であることから、ご命日を機に聖人のご恩徳を偲び、ご苦労に感謝して、阿弥陀如来のお救いと願いの内に生かされていることを思い、教えやご苦労の意味を深く味わわせていただく法要です。

法話では武蔵野大学通信教育部 人間科学学部人間科学科の前田壽雄先生にお越しいただき、「感謝のこころで生きる」を題材としたお話いただきました。