中1 校長先生講演

11/16に校長先生が中学1年生に向け、「内面を磨くことの大切さ」と「人に寄り添うことの大切さ」の2つについてお話ししてくださいました。

「内面を磨くことの大切さ」では、金閣寺の金箔の裏側が黒く塗られている理由は?という問から始まりました。最初はこのお話がどこに繋がるのか不思議そうな生徒もいましたが、黒く塗られている理由が、金をより美しく引き立てるために昔の人が施した工夫と知り、外見だけでなく、内面を磨くことがどれだけ大切かということを学びました。

「人に寄り添うことの大切さ」では、校長先生がご自身の経験も踏まえ、辛いときに誰かがそばにいてくれることのありがたさや、誰かに寄り添ってあげることの大切についてお話ししてくださりました。

今回のお話しを胸に、今後の学校生活を過ごしてほしいと思います。