トップ MUSASHINO TIMES

2020年01月25日(土)

学校生活

高校1年生、認知症サポーター養成講座を受講 

 「現代社会」を学ぶ高校1年生が、1月16日(木)に雪頂講堂で、認知症サポーター養成講座(西東京市新町地域包括支援センター)を受講しました。
 講座の中では、ロールプレイ(劇)を通して、「認知症の方にどのように接したらいいか?」を考えました。「認知症の方は忘れたくて忘れたり覚えていないわけではない」「認知症になったら、周囲も大変だが、本人が一番つらい」「認知症になったからといって人格が変わるわけではない」とのお話を聞いて、「一人ひとりの人間として尊重」し、「寄り添う」ことが大切な一歩なのだと気づきました。
受講後、もらった「オレンジリング」は認知症サポーターの証です。さりげなく支援できる「人間杖」に!

ninchi202001

とある冬の夕暮れ時、田無行きのバス停で「浅草に行きたい」というおばあさんに対して…

ninchi202002

「本人のキャラや周りの接し方で変わる」とのお話も

ninchi202003

実際に家族に認知症の方がいる生徒もいました。

前のページに戻る